the の使い方(3)

the の使い方(3)

このブログでももうすでに3回目となりました、この the について。スペルこそ簡単な単語ですが、果てしなく例外が存在する厄介者です。今日はその例外のひとつを、またご紹介しましょう。

初回2回目もぜひお読みくださいね。

 

なぜか必ずつく the

 

in the morning

in the afternoon

in the evening

 

時間を言う時によく使いますよね、このフレーズ。

 

なぜ the が入っているのか、ネイティブに聞いたところ、こんな答えが。

 

 

ネイティブ
I don’t know… but we just say it.

なんでって言われてもなぁ、分からんわ。皆こう言ってるし。

 

 

英語を使いこなすには「だって皆こう言ってるやんか、だからマネしよ!」が一番です(笑)

応用すると、こんな風にも使えます。

 

in the early morning
朝早く

 

 

early を入れる場所2つ

ところでこの early、入れる場所は上記のひとつだけではありません。以下の2文で確認してみましょう。

 

I woke up early in the morning.
今朝早起きしてん。

 

I did my homework in the early morning.
朝早くに(起きて)宿題やってん私!

 

少し文法的な解説にはなりますが…

1文目の early は woke up にかかっています。「起きた」、そしてそれが「早い時間」だったという説明を足していて、副詞の役割をしています。

2文目は、「朝早い時間」というまとまったひとつの名詞をつくっています。

 

副詞って?名詞って? 私個人的には、そんなの分からなくてもいいと思っています。私たち日本人は文法から勉強するから嫌になってしまうんだと。上記で言ったように「皆こう言ってるから、マネしよ」で学んだらいいと思うんです。実際私自身も「現場の数をこなす」で上達させてきましたし。のちのち上達し、改めて文法を勉強したり確認したりした時に「なるほど」と理解する、その流れのほうが自然で、しかもしっかり身に着くように思います。なのでとにかく、発話の練習をすることをお勧めします。

 

 

in the .. が使えない、時間の表現

ところで、同じ「時間」を言うのでも、in the が使えない場合もあります。それは

 

at night

at midnight

at noon

 

同じく何度も繰り返し発話し、習得していきましょう。

 

 

まとめ

in the morning,  in the afternoon,  in the evening

at night,  at midnight,  at noon

 

理屈なしで、使いまくって覚えてしまいましょう!