「チョイス」は「選ぶ」ではない!?

  • 2019.12.06

「チョイスする」という言葉はもはや日本語になっており、特に広告などには日常的に使われているのではないでしょうか。しかしそんなカタカナで使っている英語は、正しいとは限りません。今回はその choice について解説、正しく使えるようにしましょう。     choice は「選ぶ」ではない!?   choice は名詞です。正確に日本語で言うならば「選択」になりますので、 […]

止めて~!!

  • 2019.11.29

今回は「嫌やねんソレ、やめてくれへん?」の表現をご紹介しましょう。     stop を使った表現   Stop it! やめて!   ここでは、やめて欲しいことを目の前にして言っていると想像してください。その「止めて欲しいこと」= it なわけです。     また、基本中の基本、stop -ing で「~するのを止める」という意味になり […]

羨ましい!

  • 2019.11.15

辞書を引くと出てくる一番に出てくる単語、果たしてそれはちゃんと自分の想いは表現できているのでしょうか。今回はいろんな感情が含まれる「羨ましい」を英語で言ってみましょう。   「羨ましい」を英語で   I’m so jealous!   一番使われるのがシンプルにコレではないでしょうか。     裏側のニュアンスにご注意!   […]

「大人」と言うには?

  • 2019.11.01

大きい人と書いて大人と読む日本語ではありますが、それを英語で言うとと聞かれると、やはり adult と言ってしまいませんか? しかし会話では、この単語はあまり使われていません。ではどう表現すればいいのでしょうか。     「大人」を表す英語   日本でも、大人料金、子ども料金と表示されている遊園地や博物館などの入口では、冒頭でもお話した adult と書かれていること […]

「リュックサック」って言ったらアカン!

  • 2019.10.25

最近、日本国内外で見かける旅行者がよく持っているのは、大きなリュックサック。 rucksack と書き一応英語としても存在するのですが、元がドイツ語から来ているためかあまり使われません。では英語ではどういえばいいのでしょうか。     リュックサックは英語で?   backpack といいます。 英語で背中は back、そのままではありますが、背中に背負うバッグという […]

青信号は緑信号?

  • 2019.10.18

日本での当たり前は、一歩海の外に出ると、そうでないことも多々あります。今回はその例の一つ「青信号」についてお話しましょう。   信号機の色、英語で言うと?   赤信号は red light、黄信号は yellow light。 そして青信号は green light。   あれ、青って blue ちゃうん?と思った方。そうなんです。英語では青信号は green と言い […]

真っ赤な「ルージュ」!って英語??

  • 2019.10.11

ルージュと言えば口紅。ルージュと言えば、松任谷由実さんの歌「ルージュの伝言」。そしてその楽曲は、スタジオジブリ映画「魔女の宅急便」にも出てくるため、子どもたちの間でも知れ渡っていることでしょう。つまり「ルージュ」という単語は、きっと老若男女問わず知られている言葉であると言えるかもしれません。が、それ、実は英語ではないんですよ。   ルージュって、何語? rouge と書きます。その意味は […]

「分からん」いろいろ

  • 2019.10.04

関西弁では「分からない」を「分からへん」「分からん」というのは全国的に知られているでしょうか。日本語に本当に沢山の方言があるように、英語にも言い方はいろいろ存在します。今回はその中でよく聞くものをいくつかご紹介しましょう。   王道の「分からん」   当然、まず誰もが知っているであろうコレですね。   I don’t know the answer. 答え […]

ティーンエイジャーは「10代」ではない

  • 2019.09.27

タイトルの通り、teenager は「10代」のことではありません。意外に間違えて覚えている・使っている日本人は多いんですよ。ここで正しく理解しましょう。   teenager は13歳から   teenager は11歳からではなく、13歳からなんです。 なぜか。それはスペルをよく見たら分かるかもしれません。   teen – age – r […]

「クレーマー」は和製英語!

  • 2019.09.20

近年増加傾向にある(⁉)クレーマーやモンスターペアレント、皆さんはどう対処しますか? ええ、自分自身がクレーマーになっていないか自問してみるのもいいでしょう。さて、そんな「クレーマー」は、英語ではどう表現するのか解説しましょう。   クレーマーは claimer ではない まず最初に、カタカナ語「クレーマー」「クレーム」と聞くと、すぐさま英語だと想像しますよね。それは間違い […]

1 6