a / the の基本

a / the の基本

英語を勉強している日本人が悩む・難しいと感じる文法のひとつ「a / the」冠詞。このブログでも数回取り上げている文法なのですが、今回はその基本のおさらいをしたいと思います。

 

a / the (冠詞)の基本

「イスが必要」というベースの文章で考えてみることにします。

 

① I need a chair. イス一脚必要です。

この場合は、どのイスでもよくて、とにかく一脚必要だと言っているだけになります。

 

 

② We need chairs. (私ら)イスいるなぁ。

ただイスが複数必要だと言っています。どのイスかは指定していません。この写真の2人の場合だと二脚要りそうですが、文章だけでは何脚必要かまでは触れていません。必要な数が分かっているのであれば、We need 3 chairs. などと言えばOKですね。

 

③ I need the chair. ぼくこのイスじゃないとアカンのでちゅ。

このイスじゃないとダメ、特定された一脚が必要な時に使います。

 

 

④ We need the chairs. このイス(複数)が要るんです。

複数の特定されたイスが必要な場合はコレ。ここでも何脚要るかは言ってはいませんので数は明確ではありませんが、もし例えばこの写真にあるイスのことを指しているのであれば、2脚ということになりますね。

 

 

 

使えるフレーズいろいろ

 

I need one more chair.

イスはいくつか既にあるけどもう一つ必要、という時などに。2脚必要ならば I need two more chairs. にすればOKですよ。

 

I need more chairs.

イスがもっと要る、と言っているフレーズです。数は指定していません。

 

 

I just need one more chair. 

あとイスだけ、それだけが必要であり、他に必要なものはないんです、というニュアンスを含む just が入っています。

 

We just need the chair. 

僕らにはこのイスがあればいいんです、という意味のフレーズです。

 

 

 

まとめ

 

I need a chair. イス一脚要る。

I need chairs. イス(複数)要る。

I need the chair. 「その、特定された一脚の」イスが要る。

I need the chairs. 「その、特定された複数の」イスが要る。

 

冠詞はとにかく難しいので、日常生活でどんどん使って覚えましょう。