飲み放題!食べ放題!を英語で?

飲み放題!食べ放題!を英語で?

日本に来る外国人観光客が少し驚き、また喜ぶ食のスタイル「飲み放題」「食べ放題」。我々日本人も大好き、パーティや宴会にはもはや不可欠です。今回はそれを英語にしてみましょう。

 

「飲み放題」を英語で言うと?

 

all-you-can-drink

 

文字通り「全部飲める」=「飲み放題」です。

 

では同じように「食べ放題」はというと

all-you-can-eat 

 

 

「ビュッフェ」はどう表現する?

ではここで、もうひとつの食べ放題スタイル、自分で取りに行きお皿に入れて席に戻るという「ビュッフェ」はどう表現するのでしょうか?

 

buffet

 

ここで発音に注意!「ビュッフェ」と言っても全く通じません。

無理やりカタカナで表現するとすると「バッフェィ」または「ブッフェィ」となり、「フェ」のところにアクセントがきます。

 

 

 

さて、では all-you-can-eat と buffet はの違いはというと、前者はいわば「テーブルオーダーバイキング」、席に座りオーダーして持ってきてもらうスタイル、後者は自分で取りに行く「セルフサービス」になるでしょう。

おや、また新しい単語が。

 

 

「バイキング」って?

最近あまり聞かない言葉のようです(何となくオシャレな雰囲気の言葉「ビュッフェ」が好まれているようにも感じます)が、「バイキング」って食べ放題のことじゃないの??

でもバイキング viking って、日本語に訳すと「海賊」ですよね。なんで海賊が食べ放題??

 

これは昔、北欧の、今でいうビュッフェスタイルの食事を日本に取り入れようとした人が、日本で受け入れられやすい簡単な名前を探していたところ、「北欧のイメージ=海賊 viking」ということから始まったのだとか。多少無理があるのではと思わないでもないですが(笑) 従って、コレも和製英語の部類に入るでしょうか。

viking と言ったらこのイメージになってしまいますよ(笑)

 

 

まとめ

 

飲み放題は all-you-can-drink

食べ放題は all-you-can-eat