have を使いこなせ!(1)

have を使いこなせ!(1)

have は「持っている」と訳す。これは中1で学ぶ英語です。しかしこの have には、果てしなく沢山の意味とその使い方があります。今回はその一つをご紹介しましょう。

 

「持つ」ではなく「所有する」

まず、我々日本人には、思い込みを変える必要があります。タイトルのように、have を「持つ」と覚えている方、これを「所有する」に変えてください。所有しているものは、例えば家などもそうですが、実際に手に持てない大きなモノなんかもそうですね。

「持つ」と日本語で考えてしまうと、実際に手に持っているものや、鞄に入っているものなどばかりが思い浮かび、家などはなかなか思いつきにくくなってしまいます。

 

 

例文をいくつかご紹介しますね。

 

 

I have a boyfriend!
彼氏いてるよ。

I have a lot of friends.
めっちゃ友達おるでオレ!

I have a great idea!
めっちゃいいアイデアあるねん!

I had fun today!
今日楽しかった!

I have time today.
今日時間あるで。

 

I just had coffee now.
今コーヒー飲んだとこ。

 

お腹に入れるのも、have でいけますよ。

 

 

こんな言い方もあります。

 

We had a lot of rain last month.
先月めっちゃ雨降ったよなぁ。

We have beautiful countrysides in our country, Japan.
美しい田舎の風景、日本にはたくさんありますよ。

 

 

 

上記の文章、どこにも「持つ」という言葉は入っていませんよね。

時間などの空間を自分が所有して使っている、という感覚でしょうか。雨に関してはいかにも英語らしい表現ですし、日本の国土は当然私たち個人が持っているものではありませんが we で表現するのも、日本語にはない言い方ですよね。

 

have のイメージ

私が思う have のイメージはこんな感じです。「原義」を知っておくといいと前回話をしましたが、要はそのイメージを知っている、ということ。このイメージでとらえることで直訳せずに済み、英語の理解が早くなりますよ。

 

「自分が代表となって説明すること」は、先ほど登場した We have beautiful countrysides… のことですね。例えば自分がケーキ屋の店員で、クッキーは置いていますかと尋ねられたとき、I’m afraid we don’t have cookies. (申し訳ありませんが、ウチには置いてません)なとども言えますよ。

 

 

まとめ

have は空間なども含め「所有している」と考えよう