スキニー女子、グラマー女子はお好き?

スキニー女子、グラマー女子はお好き?

人にはそれぞれ、好みがあるでしょう。「スキニー」「グラマー」というと、どんな感じを想像しますか? 今回は、日本語と英語のイメージの違いが分かるこの2つの単語についてお話します。

 

スキニー skinny のイメージ

skin というとお馴染み、「皮」「皮膚」という意味ですよね。ということで、skinny というと「皮っぽい」と言う感じになります。辞書には「骨と皮だけの」とか「やせこけた」とかが出てきますよ。ネガティブな「細さ」を表現する語なんです実は

日本語でいうスキニーって、なんだかキレイな細い脚などを想像しませんか? スキニージーンズなんてのもありますし、ポジティブでも、ネガティブでもない、ただ、細いって感じで。いや、どちらかというとポジティブかな? ジーンズの名前になっているくらいですから。おしゃれにネガティブなイメージは禁物のような気もしますし。同じ「細い」でも、英語と日本語、全然そのニュアンスが違いますね!

でも、英語圏でも skinny jeans というのは存在して、slim-fit jeans なんていう言い方もあります。ファッションの世界では、海外でもネガティブなイメージはないのかも?

 

グラマー glamour のイメージ

では、もうひとつ「グラマー」と言えば、もちろん(?)豊満な、女性らしい身体の人を想像しませんか? 英語でも確かにそのニュアンスも含みますが、「魅力的な」とか「魅惑的な」という意味であり、必ずしも身体的に魅惑的とは限りません。

ところで glamour というのは名詞で「魅惑」「魅力」という意味になります。そのスペルは、アメリカ英語では glamor と書きますが、最近ではアメリカでも glamour と綴ることが多いんだとか。

人などが魅力的なのを表現するときは glamorous (形容詞)がよく登場しますよ。

 

Ah… She is so glamorous…!
ああ…あの娘めっちゃええなぁ…(うっとり)!

 

ということで男性の皆さん、街中を歩いていて、こんな他の男性2人組の会話を耳にして「お?どこどこ?どこにそんなグラマーな人が??」と勘違いして振り向かないでくださいね、美女は美女でも、スレンダー美女かもしれませんよ(笑)

また、魅力的なのは何も人に限ったことではありませんよね。惑星にだって、空にだって、そう感じるかもしれません。ちなみに、中島美嘉さんの歌で、GLAMOROUS SKY というのがありますね。

 

ところで、英文法という意味の「グラマー」は grammar とつづります。全く違う単語であり、スペルが違えば発音も違います。カタカナで書くとどちらも同じに見えますよね。だからカタカナでフリガナを振ったらアカンのです。発音は音を聴き、マネて、覚えましょう。高校生の時、英語が大嫌いで苦手だった私は、最初「グラマー」の授業を「なんでグラマーなお姉ちゃんのことなんか学ぶねん??なんで英語?」と勘違いしていたぐらいです。アホでした(笑)

 

skinny と glamorous を使った例文

 

Yeah, you’re right. I’m not skinny or glamorous and I don’t know that much about fashion.
ええ、おっしゃるとおりです、私は細くもないし、魅力的でもない。ファッションにも詳しくないですし。

 

これは、映画「プラダを着た悪魔」に出てくるフレーズ。有名なファッション雑誌を手掛ける会社に面接に来たアンディが、のちの上司となるミランダにことごとくけなされ、言い返すシーン。この世界では皆スレンダーで美しく、魅力的でないといけない…でもそんな魅力、私持ってないですし!私そんなガリガリちゃうし! という感じで、痩せていることをネガティブにとらえて価値を感じない、という感情が入っている表現ですね。

 

「痩せている」と言いたいときは?

では、ポジティブに「痩せている」ということを言いたいときは、どんな単語を使えばいいのでしょうか。

 

Wow, look at her! She is so slender.
わ、見て、あの人、めっちゃ細い(キレイ)!

スレンダーとカタカナで言いますよね、もうこれも日本語になってしまっています。これで、ポジティブなほうの「細い」が表現できますよ。

 

 

まとめ

「ガリガリ」は skinny

「痩せている」は slender

「魅力的」は glamorous必ずしも、身体的に豊満だとは限らない)