たまごサンドください!

たまごサンドください!

略してはいけない言葉、サンドイッチ! なぜでしょうね、詳しく見ていきましょう( ´艸`)

 

略したらアカン!

 

喫茶店のサンドイッチ、美味しいですよね。注文するときは日本語では当然ながら、タイトルのように「たまごサンドください」ですよね。英語で言おうとして

Can I have an egg sand, please?

と言ってしまっては… 恥をかきます。

 

sand は「砂」であり、sandwich を略した語にはならないのです! sandwich を略語は、ありません。上記の文章では「たまごの砂ください!」となりますよ(笑)

 

日本国内の喫茶店ではこう言うべきでしょう。

 

Can I have an egg sandwich, please?

 

 

たまごサンド、海外で言うなら

 

先ほど「日本国内の喫茶店では」と言いました。では海外ではというと「たまごサンド」という名ではなく「たまごサラダサンド」になろうかと思います。

ということで、注文する場合はこうなります。

 

Can I have an egg salad sandwich, please.

 

salad の発音が難しいので、頑張って練習してくださいね。コツとしては「ダ」をガッツリ言わず、言っているようでほとんど言っていない、という感じでしょうか。

 

しかし、たまごサンドって、海外で見かけない気がします。チキンとかが挟まっていることが多くないですか?

試しに egg salad sandwich と検索してみたら、こんな画像が出てきました。たまごサンドがあったとしても、日本のそれとは少し違うようですね。

 

まとめ

 

Can I have an egg salad sandwich, please.
たまごサンドください。

 

砂は、注文しないでくださいね。