ヒゲ!!

ヒゲ!!

人によりあればよりたくましく見えたり、ないほうがいいという場合もあるこのヒゲ。ここではそんなヒゲの英語表現について解説しましょう。

 

ヒゲを英語で言うには

 

beard

mustache

 

大きく分けて、上記の2つになるでしょう。そういえば、「ビアードパパの作り立て工房」というシュークリーム屋がありますが、その店名にもあるカタカナ「ビアード」はこの beard ですね。(カタカナ発音と英語のそれは全く違いますので、発音はしっかり本物を聞いて練習してくださいね。)

 

では両者の違いとは?

 

 

beard と mustache の違い

 

あごにあるのが beard 。

 

そして鼻と口の間にあるのが mustache。

 

両方ある場合は beard でいいそうですよ(笑)

 

以前、頭髪についてこのブログで紹介したことがありますが、そこでも触れました「複数形」。(以前のブログはコチラ)今回のこれらの単語には複数形はありません。ヒゲまるごとでひとつ、と捉えるといいのかもしれませんね。

 

動物のヒゲは?

そこでふと疑問に思う「動物のヒゲ」。日本語では同じ「ヒゲ」という言葉を用いますが、英語には別の単語があります。

 

whisker / whiskers

 

人間のヒゲには複数形は使いませんが、何故かこちらのヒゲは whiskers という複数形が存在します。普通毛は一本だけではないので、複数形のほうを使いますね。

 

 

 

ヒゲを生やすこと

 

余談にはなりますが、海外では、ヒゲを生やしたまま仕事をするのはタブーではなく個人の自由として扱われることもありますし、文化的にヒゲはOK、もしくは生やすものとして認知されている国もありますよね。日本ではなぜそれに悪いイメージがあるのでしょう。海外を知り、日本を学びなおすのも面白いと思います。

 

子どもに大人気のこの方も、立派なヒゲをたくわえていらっしゃいますね。

 

 

 

まとめ

超シンプルに、基本的にヒゲは beard でいきましょう。