羨ましい!

羨ましい!

辞書を引くと出てくる一番に出てくる単語、果たしてそれはちゃんと自分の想いは表現できているのでしょうか。今回はいろんな感情が含まれる「羨ましい」を英語で言ってみましょう。

 

「羨ましい」を英語で

 

I’m so jealous!

 

一番使われるのがシンプルにコレではないでしょうか。

 

 

裏側のニュアンスにご注意!

 

jealous という単語には「嫉妬深い」という意味も含まれます。日本語でも「ジェラシー」というカタカナ英語を使っているので分かりやすいかと思いますが、人の持ち物や行動を妬む、羨む、そんな感情をも表現してしまうことがあるのでご注意ください。また、I envy you. という表現もありますが、これよりも I’m jealous. のほうがより口語的でよく使われています。

 

 

嫉妬のない「イイね!」の表現は?

 

You are so lucky!
ラッキーやなぁ!

 

That’s great!
めっちゃいいやん!

 

私はこれでいいと思います。英語ってシンプルですよね。

このブログでは「ちゃんと会話ができるようになること」を大切にしていますので、あえて難しい表現をいろいろご紹介することはしません。ネイティブの会話を聞いていると、至ってシンプルな中学英語で成り立っていると感じます。

 

 

妬みを表現することわざ

 

The grass is always greener on the other side.
隣の芝生は青く見える

 

これは英語学習者ならご存知であろう有名なフレーズでしょう。日本語でも同様のものがありますよね。万国共通、人類の永遠の課題、でしょうか(笑)

 

 

 

まとめ

 

少し妬みも混ざっている「羨ましい」には I’m so jealous. を使おう。