「10人中7人」と英語で言うには?

「10人中7人」と英語で言うには?

「10人中7人は、スマホを持っている」…日本のイマドキの中学生事情だそうです。数字は、ただ数えるなら簡単ですが、今回のような比率・確率などは意外に言えないもの。では「10人中7人」を英語で言う練習をしましょう。

 

「10人中7人」を英語で言うには?

 

7 in 10 middle school students have a smart phone.
中学生10人中7人はスマホを持っている。

「10人に7人」は 7 in 10 と表現します。

in は主に「~の中」を意味しますよね。日本語でも、10人「中」と言うように、英語でも同じ表現方法でいけます。

 

 

英語と日本語で表現方法が同じもの

余談にはなりますが、先ほどの例のように、英語と日本語で同じ表現方法をとっているものは意外にたくさんあるんですよ。少しご紹介しましょう。

■ pay attention  注意を払う

よく考えてみると、なぜ日本語でも「払う」を使うのでしょうね。国語の分野ですが、興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。

 

■ book worm   本の虫

worm は直訳すると「ミミズ」ですが、ほぼ同じ表現だと言えるでしょう。

 

■ do a double take  二度見する

芸能人を見かけたとき、綺麗な人とすれ違った時…つい「二度見」してしまうもの。do (する)を使うところも同じですね。

 

 

まとめ

「10人中7人」というには、7 in 10 を使いましょう