「小さい」は small の他に?

「小さい」は small の他に?

「訳す」こと。それはどんな言語でも、学ぶ上で必ず必要なステップでしょう。しかし、その「訳」だけに頼ると、その語の持つニュアンスやイメージまでは分からないことも。実際に使われている場面をたくさん見たり聞いたりして覚えていくのが一番でしょう。

では今日は「小さい」を例に学びましょう。

 

絵本の中に出てくる「小さな子猫」は small cat ではなく…

子供が読む絵本に「小さな子猫」が登場しています。さて、英語でどう書かれているでしょうか。

 

 

 

a little kitten

 

 

私達日本人、日本で英語を学習していると、「小さい」は small と覚えているのではないでしょうか。確かに、a small kitten と言っても間違いではないのですが、自然な英語表現では little がよく用いられます。なぜなのでしょうか、違いを見てみましょう。ちなみに、子猫は cat ではなく kitten ですね。

 

 

small と little の違い

 

small:単純にサイズが小さい

little:可愛らしい、弱い、かわいそう、など感情が入った、小さいもの

 

これで small kitten と little kitten のニュアンスの違いが分かり、なぜここでは little kitten になるか納得いただけたのではないでしょうか。

そういえば「きらきら星」は英語で Twinkle Twinkle Little Star と言いますね。

 

 

単語の最後に-y をつけると…?

余談ですが、あの有名なサンリオキャラクターの「キティちゃん」は Hello kitty。英語では単語の最後に -y を付けることで、幼児語になるものがあります。

 

horsey お馬さん

froggy かえるさん

 

動物以外でも、以下の単語、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

yummy おいちい(美味しい)

daddy パパ

 

他にもいろいろありますよ。子供を相手に話をするとき等、ぜひ使ってみてくださいね。