「スラッシュリーディング」のススメ

「スラッシュリーディング」のススメ

英語を勉強し始めた大人の方に、わりと共通する問題があります。それは「日本語に頭で訳してしまうこと」「戻り読みをしてしまうこと」。英語と日本語では文法が全く違うため、また学校で訳すことばかり習ってきたため、どうしてもその癖は抜けません。しかし、日本語に訳したり戻り読みをしていては、時間が2倍・3倍とかかってしまいます。どうすれば母国語・日本語をスラスラ読むように、英語もできるようになるのでしょう。

 

戻り読みがアカン理由

戻り読みは、冒頭で述べたように、一度読み、再度前に戻る=読む時間が2倍かかります。もう一度その文章を見ることができるという余裕からか、一度目に読む時に「この単語知ってる、次の単語も知ってる…」などと、自分の知らない単語がないことに安心する(または知らない単語が出てきてパニックになる)だけで、一度読んだ後に内容が理解できておらず「あれ?何言ってるか分からない」と、無意味な時間にさえなってしまう可能性もあります。

また、長い小説を読む時や、試験など限られた時間しかない場合などは、いちいち戻って理解・訳していては非効率です。試験の場合は、時間が足りなくなるでしょう。

さらに、英語を読みながら日本語に訳していては、ポンポンと進む外国人との英語での会話に、どうやってついていくことができるでしょう。

英文を読むにしろ、会話にしろ、戻らず前から読み理解していくことが、初心者の頃から心がけるべきことであり、例えばTOEICなどで高得点を取るためには必須と言えるでしょう。

 

 

自然に読めるようになるには

そこで提案したいのが「スラッシュリーディング」。文章にスラッシュ(/)を入れながら読み進める、という練習法です。

 

例えば Let’s go for a drink. という文章ならばこうなるでしょう。

 

Let’s go / for a drink.
行こう / 飲みに

キレイに訳さないことがポイントです。つい日本人は丁寧に全部を直訳してしまいがちですが、それはしないことが大切です。意味が分かればOK。これで、前から理解する癖をつけていくのです。

ではもう一文。Our teacher gave us a lot of homework today. という文章があります。どこで切って読めばいいでしょうか?

 

Our teacher / gave us / a lot of homework today.
先生 / くれた / 宿題いっぱい / 今日

our teacher だからといって、いちいち「私たちの先生」と言わなくてOK。gave us だからといって「私たちにくれた」と言わなくてもOK。日本語ってあんまり「誰が」とか言わない言語ですよね? I like English. を訳すとしても「私は英語が好きです」なんて言うでしょうか? 話す時はきっと「英語好きやねん」と主語「私」の部分を省いて話していませんか。それと同じです。

そしてスラッシュの入った不完全な訳を見ただけでも、何を言ってるか分かると思いませんか?

 

 

日本語訳は、しない!

言ってしまえば、スラッシュ入りの日本語訳も、実は不要なんです。前項では、理解できるようにと日本語訳を入れていますが、本来は英文にスラッシュを入れるだけでOKです。訳は書かなくてもいいし、むしろ書かないほうがいいです。英語は、英語のまま理解するのが大切ですから。訳すのではなく、何を言ってるのか「理解する」のです。

 

 

上達が目に見える

このスラッシュリーディングをこなしていくと、だんだんカタマリで前から理解できるようになってきます。そして入れるスラッシュの数が減ってきます。そして、その数が減れば減るほど、塊で読めるようになる、つまり読むスピードも理解力も上がる、ということになります。目に見えにくい英語力ですが、これは少し見えそうですね。目に見えるとなると、実感もわき、モチベーションも上がるかもしれませんよ。

 

 

間違ったところにスラッシュを入れてしまったら?

ところで、間違ったところにスラッシュを入れてしまったら?と思うかもしれません。例えば、さっきの例文で Our teacher gave us a lot / of homework today. のように、a lot の後にスラッシュを入れてしまったとしましょう。a lot of はセットにすべきなのは、a lot of を勉強したから分かることです。もしそれを知らなかったらこうしてしまうかもしれませんよね。でも、英語を聴き、練習や経験を重ねていくうちに、何が間違っているか分かるようになってきます。最初から完璧になんて誰もできません。英語は慣れです。間違いに気づいたときに、直せばいいんです。間違いを恐れず、どんどん練習していきましょう。

 

 

まとめ

英文を読む時は、カタマリごとにスラッシュを入れて、そのカタマリごとの内容を理解する。できるなら、訳さないこと。