「シール」は英語では seal ではない!?

「シール」は英語では seal ではない!?

子どもが大好きな「シール」。これ、英語ではあるんんですけどね、意味・使い方が違うんですよ。正しく理解し、ネイティブに伝わる実力を身につけましょう。

 

「シール」を英語で言うと?

seal という単語は存在し使われているのですが、意味が違います。子どもが大好きなあの「シール」は sticker と言いますよ。

 

My daughter really likes stickers! She put them everywhere in our house…
ウチの娘めっちゃシール好きでさぁ、家中シールだらけにするねん(笑)

 

ちなみに、sticky note とは「付箋」のことで、これも裏に糊がついていて貼れるようになっていますね。sticky はもともと「ベタベタしている」という意味になりますよ。

 

seal の本当の意味

基本、seal という単語は本来「封印する」「刻印する」「密封する」などの意味になり、そこに裏に糊がついたあのシールの意味にはなりません。何も封筒に限らず、例えば、大きなパッケージや社外秘のもの、薬などなど「未開封」であることを証明できたりもしますよ。

日本語で「シール」の意味になったのは、封筒など封をする際に印を押す代わりになるようなシールを、名詞として使っているのではないか、と何かで読んだことがあります。

 

label

sticker 以外にも「裏に糊がついていて貼れるもの」はあります。それがこの label

すでに日本語にもなっている言葉ですよね。しかし「ラベル」と発音してはいけません。無理やりカタカナで書くとすると「ィボゥ」となるでしょうか。「レ」のところにアクセントがあります。

この単語は「情報を伝えるためのもの」です。

 

put a label on + 人 で「人にレッテルを貼るという意味でも使えますよ。ここでも、その貼られた紙などにその人について書かれている、という感覚ですね。

 

 

seal … まったく別の意味

ところで、この seal という単語、まったく別の意味があるのをご存じでしょうか。それは…

アザラシ。

なぜか? 単純に「橋」と「箸」のような、同音異義語です。

 

 

 

まとめ

「シール」は sticker

「ラベル」は label  (発音注意)

「封する(動詞)」は seal 

「アザラシ」も seal