「海行こ!」は Let’s go to the sea! ちゃいますよ!

「海行こ!」は Let’s go to the sea! ちゃいますよ!

日本語を英語に訳して話そうとして犯す間違いはいろいろあります。それは、日本語での表現と英語でのそれが違うから起こるもの。今回は「海に行く」という英語表現を学びましょう。

 

「海に行く」は go to the sea ではなくて…

 

海は英語で sea です。

つい、Let’s go to the sea. と言ってしまいますよね。確かに海に行くとは言っていますし文法的には間違いではないのですが、英語では実はこうは言いません。

 

Let’s go to the beach.
海行かへん?

 

 

直訳すると「ビーチ(砂浜)へ行こう」と言うのが正しい英語表現になります。確かに、よく考えてみたら、大半の時間を過ごすのはビーチで、行き先はと言われるとビーチになるでしょうか。海にも確かに入るっちゃあ入るんですけどね。

そうなると「海の家」も sea house ではなく beach house と言うのも理解できるのではないでしょうか。

 

 

go to the sea が使えるとき

 

しかし、Let’s go to the sea. が全く使えないことも、実はありません。実際に船を出して海原へ出る時などにはこのフレーズは使えたりします。

しかしまぁ、漁師さんだったり、よほどマリンスポーツをする時でない限りこのフレーズは使いませんよね。一般的に「海に行く」のは「泳ぎに行く」というのが目的だと思うので、冒頭ではそう説明したまでなのです。

 

 

いろんな「海」

 

海を指す単語も日本語同様色々あります。大きい順にご紹介しましょう。

 

ocean「大洋」

太平洋は Pacific Ocean、大西洋は Atlantic Ocean。

 

sea「海」

少し小さな海には sea を使います。

Mediterranean Sea は地中海、日本海は Sea of Japan などと言いますね。

 

gulf 「湾」

アラスカ湾 Gulf of Alaska などなど。

 

bay 「湾」

gulf より小さな湾を bay と言います。例えば大阪湾は Osaka Bay と言えますね。

 

 

 

英語表記の世界地図を見てみるのも面白いですよ♬

 

 

 

まとめ

 

海行こ!と言うときは Let’s go to the beach! と言いましょう。