「クレーマー」は和製英語!

「クレーマー」は和製英語!

近年増加傾向にある(⁉)クレーマーやモンスターペアレント、皆さんはどう対処しますか? ええ、自分自身がクレーマーになっていないか自問してみるのもいいでしょう。さて、そんな「クレーマー」は、英語ではどう表現するのか解説しましょう。

 

クレーマーは claimer ではない

まず最初に、カタカナ語「クレーマー」「クレーム」と聞くと、すぐさま英語だと想像しますよね。それは間違いではないのですが、英語での claim は「主張する」「請求する」などの意味であり、日本語で言うところの「文句を言う」にはなりません。

 

 

正しく「クレーマー」を表現するには

 

complain という単語が一番ピッタリでしょう。

これは動詞なので、-er をつけて complainer にすればOKですね。

 

 

He complains about everything I do.
あいつオレがやること全部に文句いってきやがる!

 

The man is such a complainer!
あの人ほんまクレーマーやな!

 

 

 

「モンスターペアレント」は英語では?

同じように、学校の先生などに対して理不尽な要求をする「モンスターペアレント」も、英語っぽいですが、アメリカではこう言うようです。

 

helicopter parent

 

ヘリコプターのように空中から全てを監視しているような保護者、という感覚で生まれた言葉だそうですね。

 

 

 

まとめ

 

「クレーマー」は complainer

「クレームをつける」は complain about +クレームをつける内容