wantを使って「息子にもっと勉強して欲しい」と言うには?

wantを使って「息子にもっと勉強して欲しい」と言うには?

はじめまして、関西で英会話教室を経営する高卒女社長 Eri です。

私はハーフでも外国人でもない、帰国子女でもなければ外大を出たわけでもない(大学受験もしていません。高校卒業後すぐ就職)、留学経験もない、旦那が外国人でもない、本当に英語は社会人になってから始めたただの純日本人(純関西人)です。唯一したことといえば、オーストラリア大陸1周一人旅。しかも当時英語力ゼロでした。学生時代、中1で英語はギブアップしてしまうほどの実力でしたので。無謀でしたね今思えば(笑)

さて、なぜ「高卒」「留学なし」などを強調するかというと、私のような社会人から英語を一から学ぶ人であっても、英語力は身に着くというのを証明したいためです。誰にだってできる、それが英語です。そして語学に終わりはありません。私もまだまだ勉強中の身で、生徒さんや先生たちと一緒に、日々勉強しています。

そしてなぜ「関西人」をもアピールするのかというと、このブログでは「関西弁で訳す」からです。それにはこんないきさつがあります。

昔、中学生の生徒がこんなことを言いました。「英語って、みんな丁寧に話しますよね」 例えばこんなフレーズ They will go to the park. があったとして、「 彼らはその公園に行くでしょう」という訳を見て、その訳し方そのままで話をしていると思ったのでしょう。しかし、もちろん実際そんな風には話しませんよね。誰が話すか、また誰に話すかにもよるし、状況によってその解釈は様々。だからそれをちゃんと伝えるために、私はあえて自分の地域の言葉「関西弁」でリアルに訳そうと思ったのです。

また、私が英語を勉強していて思ったこと。中学生の時に習った「関係代名詞」だの「現在進行形」だの、こんな「文法の名前」だけが記憶に残り、実際の使い方はおろか、話ができるに全く至っていないと思いませんか? そして実際に会話するときだって、これは形容詞だから…とか考えて話さないはずです。なので、このブログでは極力そういった「文法の名前」など説明は避けて、できるだけ自然に英語を習得できるよう書こうと思っています。もちろん、英語が苦手だった昔の自分自身でも理解できるよう、簡単な表現をつかって。

 

まぁ前置きはこのぐらいにして。

このブログでは、私が日々教室運営で使っている英語のフレーズをはじめ、先生たちや生徒のみんなとの話から生まれる疑問など、英語学習のヒントとなる、ちょっとした小ネタをご紹介していきます。

皆さんには英語の世界を存分に楽しみ、そしてちゃんと練習を重ね(ここ大事!)、使えるようになって欲しいと願いを込めて。


初回は want について。

きっと英語学習者にとっては、最初のほうに出てくる「~したい」という表現を学びましょう。

 

基本の want の使い方

 

I want to study English harder!
もっと英語勉強したいわぁ!

 

want to + したい動作( go, swim など動詞の原形)で、したいことを表現できます。

 

また、例えばそれが女性ならばこうですね。

She wants to study English harder.

 

私も今更ながらエレクトーンを練習し始めました。楽譜?全然読めません、これからです(笑)

こんな風に英語に限らず、大人になって自ら何か学びたいと思う方は多いと思います。でも子どもにとっては違うでしょう。なぜならそれは「義務」だから。人は、やりなさいと言われるとやりたくなくなるもの。しかし自分の子どもには、やっぱりちゃんと勉強してほしいと思うのが親なんでしょう。

 

さて、では上記の例文を、「息子に(彼に)英語をもっと勉強してほしい」という文章に変えてみてください。たった一語足せばいいだけなのですが、どこに、どんな単語を入れるといいでしょうか。

誰かに何かをして欲しい、と言いたいときは

 

I want him to study English harder!
あいつにもっと英語勉強して欲しいねんけどなぁ…

 

want とくるとつい言い慣れているもんだから want to … と言い出してしまいそうになりますが、ここはぐっとこらえて、行動してほしい「人」を want の後に入れましょう。

 

「自分は、欲しい」んです。で、何を?「彼に勉強を」という感じですね。

 

 

英語の文章を作るときに大切なこと

ところで、英語で大切なのは、「何が主体なのか(何について話すのか)」です。

日本語ではあまり、というより全然「私、あいつに勉強して欲しいねんなぁ」など、「私」なんて言わなくても、誰がかは相手が理解できる便利な(?)言語。でも英語は、ちゃんと「誰が」「何が」なのかを言わないといけません。

ここでは「自分が」息子に勉強して欲しいので、主体となるのは自分「I」 になりますね。彼に勉強して欲しいからと言って「彼」を主体にすると He wants … などどなって、あれ?なんかおかしい、と文章が上手に作れなくなってしまいます。

日本語では考えないことなので、日本語から英語に訳しようとすると難しいし、英文をつくるのがどうしても苦手。だから本来は、日本語から訳すのではなく、英語のまま理解し、話せるように訓練すべきなのです。

 

 

さてさて、あなたは誰に何をしてほしいですか?

自分の身に置き換えて文章を作り、口頭練習を沢山してくださいね★

 

まとめ

基本は want to + したい動作 で「~したい」が表現できる

 

I want to study English harder!
もっと英語勉強したいわぁ!

誰かに何かをして欲しいときは、want と to の間にその人を入れるだけでOK!

 

I want him to study English harder!
あいつにもっと英語勉強して欲しいねんけどなぁ…