英語力の本当の上げ方

英語力の本当の上げ方

日本人の英語は、本当になかなか上達しません。なぜか? 私は2つの大きな原因があると思っています。今回は、その原因にフォーカスし、そしてそれを解決、英語力をより上げられるよう導くお話です。

 

私たち日本人の英語力が上がらない理由

昔は中学生の頃から(今は小学生からでしょうが)英語は嫌というほど勉強させられてきた私たち。でも、まったく話せない、という人が人口のほとんどを占めている、というのが現状ではないでしょうか。それならとっとと教育の仕方を国が変えるべきなのでしょうが、読解や暗記を重視した現在の教育まるごとを変えるのはたやすいことではないはず。しかし2020年に教育は変わると言われているように、少しずつでも変わっていくと信じています。

さて、そんな英語、そもそもなぜ上達しないのか。何が今の教育ではいけないのか。まずそこを見てから、改善策を提案したいと思います。

 

日本人の英語会話力がない理由1:会話する場がないから

 

これはよく言われていますが、そりゃそうですよねぇ。

最近でこそ街で外国人を見かけることは増えましたが、それでも普段から英語を話す機会も必要もほぼないこの日本国内ですので、実践の場がありません。練習なしで、上達はありません。

 

日本人の英語会話力がない理由2:自分の人生に関係ない会話練習をしているから

それでもどうにか上達させようと一所懸命練習をします。そこで、例えば対話文があって、それをロールプレイ、練習したとしましょう。でもそれは、あくまでも「そのストーリーの中の人の話」。「自分に関係あること」ではないため臨場感もなく覚えられないことも。棒読みでパーフェクトに「その人」になったところで、自分ではありませんから、なかなか身につかないのです。

また、会話は生きています。テキスト通りになんて絶対話しません。How are you?  I’m fine thank you, and you? というやりとり、私はいまだかつて見たことがありません(笑)

 

では、どうやって、そんな国内で上達できるのでしょう。

実際に海外に出ずともペラペラになった知人もいますし、不可能な話ではないのですから、何かしら方法はあるはずです。

 

上達させるためにすべきこと

 

自分の話をする

2つ目の原因にもありましたが、自分のことではないやりとりは覚えにくい。ならば自分に関係あることや、自分が日本語で普段話すであろうことを言う練習をすればいいのです!

 

私自身の話で恐縮ですが、2019年に天皇が退位されるという時事ネタを外国人にしようとしていたのですが「退位する」という単語を知らず、別の簡単な単語で置き換え話をしていました。例えば 「天皇が変わる」change とか「天皇が去る」 leave とか。でも、そこでその外国人の知人は「退位する」という単語を教えてくれました。そしてこの文章が完成。

 

The emperor will abdicate his thrown this year.

 

「(王位などを)退位する」という意味の単語 abdicate。名詞形は abdication。

 

この外国人さん曰く「そんな単語、生まれてこのかた使ったことないわ(笑)」とのこと。ええ、私も日本語で「退位する」って、使った記憶がありませんけどね^^;

 

 

単語の覚え方

単語がなかなか覚えられない、というのもよく聞く話ですよね。学校でテストがあるなど、学生さんならなおのこと必要でしょう。

さて、単語が覚えられない理由のひとつは、そこに「ストーリーがないから」だと思います。上記のようなやりとりがあれば、一気に覚えてしまえます。私は二度とこの abdicate という単語、忘れませんよ。まぁ今後この単語は二度と使うことはないかもしれませんが(笑)記憶に残るような話と一緒ならきっと覚えやすいでしょう。単語帳に並んだ英単語、上から下にただ丸暗記…そんなんなかなかできませんよ。

だから、ひとつひとつ、時間がかかるようですが、そこにストーリーを作るのです。そしてそれは当然「自分の話」で。実は丸暗記に時間を費やすよりも短時間で覚えられるかも…ですよ。

 

 

まとめ

英語を話せるようになるためには「自分に関係あること」を話す練習をしよう

単語を覚えるときも、「自分に関係あること」をその覚えたい単語を使って文章を作ろう